アダルトVRに関するニュースやおすすめコンテンツをご紹介

アダルトVR速報

PSVR VR アダルトVR 日本 海外

PlaystationVRでアダルト動画を見る方法【PSVR】

投稿日:10月 23, 2016 更新日:

playstationvr

Playstation VRで普通のエロ動画(AV)はもちろんエロVR(AVVR)だって見る事が出来ます

最初に結論から言ってしまいますが、PSVRは普通にエロ動画を視聴出来ます。

一般に流通している通常のアダルトビデオ、PS4のメディアプレーヤーで見られる2DVR形式の360度動画、それからPSVR用のアプリ『Littlstar』や『DMM.com』で視聴出来る3DVR形式の動画などあらゆるデータ形式に対応しています。

現在、DMM.COMを始めとしてほとんどのアダルトサイトが配信しているVR動画は『3DVR』形式となっていますので、それらの視聴方法を知りたい方は3DVR動画の視聴方法を参考にして頂ければと思います。

【目次】

  1. 通常のアダルトビデオ(AV)の視聴方法
    ・PS4のDMM.COMアプリ
    ・PS4のメディアプレーヤー(USBメモリ,メディアサーバー経由)
    ・PCとPSVRを直接HDMIで接続するシネマモード
  2. 2DVR動画の視聴方法(AVVR,360度全天周動画)
    ・PS4のメディアプレーヤー(USBメモリ,メディアサーバー経由)
  3. 3DVR動画の視聴方法(AVVR,180度,360度)  ※オススメ
    ・PS4用アプリ『DMM』を使用(ネットワーク経由)
    ・PSVR用アプリ『Littlstar』を使用(USBメモリ経由)
  4. PSVRで見られるおすすめアダルトVR動画サイト(3DVR)
  5. PCとPlayStationVRを接続して3DVRを視聴する方法(番外)

なお、通常の動画はもちろんですが、特にVR動画を視聴をする際にはノーマルタイプのPS4よりもPS4 PROの方がより高画質な動画を再生する事が出来ます。これからPS4の購入を考えている方は少々高くてもPS4 PROの購入をオススメします。

それでは、各動画形式の視聴方法を説明していきたいと思います。

 

通常のアダルトビデオ(AV)の視聴方法

まず、PSVRのシネマモードでAVを視聴する方法をご紹介します。

シネマモードとはPSVRの画面上に大きな四角いスクリーンが表示され、そこにPS4が出力する映像が表示されるモードです。

スクリーンサイズは小・中・大から選択可能で、大サイズになると226インチ相当のスクリーンが目の前に現れてその迫力に驚かされます。"シネマ"というだけあってまさに"映画館気分"が楽しめるモードとなっていますね。VRではない通常のAVもこれだけの大画面で視聴すると臨場感抜群です。

それでは、PSVRでシネマモードを楽しむための3つの方法をご紹介します。

 

1、PS4の『DMM.COM』アプリで視聴

まず一番簡単なのはPS4用アプリ『DMM.COM』を使用する方法です。
PS Storeからこちらの無料アプリを検索してインストールするだけで、DMMで購入した動画限定とはなりますが簡単にPSVRでアダルト動画を視聴する事が出来るようになります。

また、2017年4月のシステムアップデートにより『DMM.COM』で3DVR動画も視聴出来るようになりました。アプリの起動画面で『PlaystationVR版』『通常版』という項目が表示されますので『PlaystationVR』を選択するとVRモードでアプリが立ち上がります。

そちらの詳しい視聴方法は以下のジャンプ先で説明しています。気になる方は先にそちらをご覧ください。
→ 『DMM.com』アプリで3DVRを視聴する方法

 

2、PS4のメディアプレーヤーで視聴(USBメモリー経由)

こちらはPS4にデフォルトでインストールされている『メディアプレーヤー』を使用する方法です。

市販されているDVD/BDのAVソフトを視聴する場合はPS4にメディアを挿入して『メディアプレーヤー』を起動するだけですが、ネットで拾った動画などを視聴したい場合には以下の手順が必要となります。パソコンとUSBメモリが必須です。

  1. PS4に対応している動画をPCからUSBメモリーへコピー
    動画はフォルダを作成してその中に置きましょう。作成するフォルダの名前は何でも大丈夫です。
    【対応している動画形式はこちら】
    MKV、AVI、MP4、MPEG-2 PS、MPEG-2 TS、AVCHD、XAVC S
  2. USBメモリをPS4へ挿す
  3. メディアプレーヤーを立ち上げて視聴開始

※なお、USBの代わりにメディアサーバーや外付けHDDを経由して視聴する事も可能です。方法はUSBメモリの場合と一緒です。

 

3、PCの映像をPSVRに直接映す方法

こちらは少々裏ワザになりますが、実はパソコンの映像をPSVRへ直接出力する事が出来ます。

方法は簡単。PSVRユニットとPS4を繋ぐHDMIケーブルを、PSVRユニットとパソコンのHDMI端子を接続するように繋ぎ変えます。これだけでパソコンの映像をPSVRのシネマモードのスクリーンに映す事が出来るんですね。動画の視聴はもちろんですが、その気になればPSVRを被ったままオフィスワークだって出来るかもしれませんね。(疲れそうですね)

 

以上、どの方法もとても簡単ですのでご自分の環境に合わせて視聴してみましょう。

AVはもちろんですがお気に入りの映画やライブ映像などを大画面で観賞するのも楽しいですよ。

※2017年3月、PS4のシステムアップデートでシネマモードの画質が改善されました。また、メディアプレーヤーで3Dのブルーレイディスクも再生出来るようになり、トランスフォーマーやパシフィックリム、ゼロ・グラビティなどの3D映画をPSVRで視聴出来るようになりました。

※更に2017年8月、PSVRでBD/DVDを視聴しする際にPSVRにヘッドフォンを接続すると、5.1ch・7.1chのバーチャルサウンドを出力出来るようになりました。これまでよりも立体感溢れる音響で映画やライブ映像などを楽しめますね。AVを視聴するだけではもったいないかもしれません。

 

360度全天周動画の視聴方法(2DVR動画)

こちらはメディアプレーヤーを使用してPSVR発売当初に主流だった2Dの360度(全天周)動画を視聴する方法となります。

こちらの動画形式はPSVRの左右のディスプレイにはまったく同じ映像が表示されますので、両目の映像に視差がある3DVRと比べると立体感がありません。アダルトVRの分野ではすでに3DVRが主流となっていますので、大人向けのコンテンツではこの方法を利用する機会はあまりないかもしれません。風景や街並みを撮影した一般向けの映像コンテンツなどはまだありそうですね。

  1. PSVRに対応している360度の2D動画をPCでダウンロード
  2. 動画をUSBメモリへコピー(USBメモリに直接ダウンロードでも可)
    ※こちらでも動画はUSBの中の適当なフォルダの中に置きます。フォルダとファイル名は適当で問題ありません。こちらもメディアプレーヤーでの再生となりますのでメディアサーバー経由で再生する事も出来ます。
  3. USBメモリをPlaystation4に接続
  4. メディアプレーヤーを立ち上げる
  5. ワイヤレスコントローラーのoptionsボタンを長押しでVRモードへ移行する。
  6. 動画ファイルを選択して視聴開始

春先に行われたメディアプレーヤーのアップデートにより、PS4 PRO限定で4K画質の360度動画が視聴出来るようになりました。PSVR自体は4K画質までは対応していませんが、ノーマルタイプのPS4に比べるとより高画質な映像で360度動画を楽しめます。やはり、これからPS4を購入する予定の方でお小遣いに余裕がある方はPS4 PROを選択した方が良いですね。

ただ、いくら高画質に対応したとはいえ、メディアプレーヤーで視聴出来るVR動画は360度の2D動画のみという事実は変わりません。アダルトVRで主流となっている3DVRが再生出来ないのであれば高画質も何もないですね。

2017年8月現在も残念ながらメディアプレーヤーの仕様は変わっていませんが、今年の春先、サードパーティ製のアプリを利用してようやく3DVRの視聴が出来るようになりました。

というわけで、以下では国内外の3DアダルトVR動画の視聴方法をご紹介したいと思います。

 

3DのVR動画の視聴方法(180度、360度動画全対応)

2017年3月、アメリカのLittlStar Mediaが提供しているPS4向けの動画再生アプリ『LittlStar』がアップデートされ、ようやくPSVRで3DのVR動画を視聴出来るようになりました。

また、その流れを追いかけるように翌月の4月末にはPS4用アプリ『DMM.com』がPlayStationVRに対応しました。『DMM.com』はDMMが配信しているVR動画しか視聴出来ませんが使い勝手はかなり良いです。(8月18日現在、DMMにて配信されているVR AVの数はなんと1,800本以上)

現状、最も現実に近い仮想世界を体験出来る動画形式がこの3DVRとなります。特にアダルト作品においては本当に目の前にAV女優がいるような錯覚を覚えてしまうほどの臨場感があります。是非、お試し頂ければと思います。

DMMを視聴するなら『DMM.com』、AdultFestaVRや海外の無修正VRを視聴するなら『Littlstar』を使用する事となります。

それでは、それぞれの視聴方法をご紹介します。

 

Playstaion4のアプリ『DMM.com』で3DVRを視聴する方法

少々短いものとなりますが、最初は無料のサンプル動画の視聴をオススメします。まずはDMMで会員登録をする必要がありますが、PS4からではサイトにアクセスしても会員登録は出来ませんので必ずパソコンかスマホからアクセスしましょう。

  1. DMM.COMにて会員登録後、無料サンプル動画をライブラリに追加
    → 入会・サンプル動画ページ
  2. PS4で『PSストア』 → 『アプリ』画面へと移動して『DMM.com』アプリを探してインストール
  3. 『DMM.com』アプリを立ち上げて『PlayStation VR版』を選択
    ※間違ったらアプリを終了して再度立ち上げましょう。
  4. 画面の指示に従いPSVR、PSカメラをセッティング
    ※適当なセッティングでも問題ありません。
  5. ①で作成したアカウントのメールアドレスとパスワードを入力してログイン
  6. ライブラリに追加したサンプル動画が表示されるので選択して視聴開始

サンプル動画が気に入ったら何か動画を購入してみるのも良いですね。

※VR作品の全ラインナップはこちらから。
→ DMM.R18アダルト動画【VR専用】

現在、1,800本以上もの動画がありますが、どれを選べば良いか迷ったらランキング上位の作品を選べば失敗する事は無いかと思います。管理人的にはKMP VR・お夜食カンパニー・CRYSTAL VR・TMA VR・SOD VRなどのメーカーが製作した作品は質が高い作品が多くてオススメです。

なお、動画はすべてストリーミングで再生されます。動画再生中の操作方法は以下の通りです。

〇ボタン一時停止・再生
□ボタンメニュー表示・非表示
×ボタン再生終了
左キー / 右キー10秒戻る / 10秒進む
L1 / R11分戻る / 1分進む
L2 / R210分戻る / 10分進む

以上の手法でDMMのVR動画を簡単に視聴する事が出来るようになりました。PSVRで3DアダルトVRを視聴する方法としては一番お手軽な上、配信されている作品数も充分ですね。

なお、1人暮らしではない方は家内安全のために以下の点に注意しましょう。

☆PSVRでアダルト動画を視聴する際の注意点

動画の再生中はPS4と接続しているテレビにも同じ映像が表示されます。HDMIケーブルを抜くか、スイッチャーなどを利用してテレビに映像が出力されないようにしておくと安心です。

ご家族で共通のPS4を使用している場合、ご家族が自分のアカウントでDMMへログイン出来ないようにするため、ログイン画面の『パスワードを保存する』のチェックを念のために外しておきましょう。

アプリ内で『R2』と『L2』を同時押しする事で購入済みのアダルト作品の表示・非表示を切り替える事が出来ます。いざという時のために動画視聴後は非表示にしておくのをオススメします。

以上、くれぐれもお気をつけください。

なお、DMMではAV以外にも一般向けのVR動画も扱っており、アイドル・バラエティ・プロレス・風景などの幅広いジャンルから300以上もの動画が配信されています。普通に楽しめるのはもちろんですが、そういった作品を購入しておくと『DMM』アプリがインストールされていても怪しまれないかもしれませんね。

アリバイ作りにオススメです。

さて、以上のようにアダルトから一般まで非常に多くの作品を扱うDMMですが、こちらのアプリで視聴出来る作品は当然にDMMで配信されている作品のみとなります。

DMM同様に作品数も映像クオリティも高いAdultFestaVRの動画や、バラエティ豊かで高画質かつ無修正の海外製VRを楽しむためにはPS4用のアプリ『Littlstar』が必要となります。

というわけで、現段階では『DMM.com』と『Littlstar』の両アプリの併用がオススメですね。

PSVR用アプリ『Littlstar』で3DアダルトVRが見られるようになりました!!【Playstation VR】

PSVR用アプリ『LittlStar』で3DVRを視聴する方法

それでは、『Littlstar』でVR動画を視聴する方法をご紹介します。動画のダウンロードや移動にはPCとUSBメモリが必要となります。

  1. PS Store でフリーアプリ『LittlStar』を検索してインストール
    ※3DVR対応前の『LittlStar』 がインストールされている場合、一度アンインストールをしてからの再インストールをオススメします。
  2. 『LittlStar』 を起動して〇ボタンでホーム画面へ
  3. 左アナログスティックで左下の『ライブラリ』を選択したまま×ボタンで決定
  4. メールアドレスで無料の会員登録(要ネット環境)
  5. PCでUSBメモリの中に『littlstar』という名前のフォルダを作成
    ※外付けのハードディスクでもUSBメモリと同様に使えるようです。
  6. DRMフリーの3DVR動画ファイルを用意
    ※国内では『AdultFestaVR(個別販売)』と『AdultFestaTV(定額見放題)』のみが対応。サンプル動画が充実している『AdultFestaTV』でサンプルを視聴してみて、気に入ったら『AdultFestaVR』で作品を購入してみてはいかがでしょうか。なお、PSVRで簡単に視聴出来るのはスマートフォン用の動画のみとなります。

    ※海外の動画サイトは国産の動画に比べて高画質・無修正な上、DRMフリーなのでスマホでもPSVRでも自由に視聴可能です。海外サイトの中では日本ウケしそうな小柄な可愛らしい女優さんが多い『WankzVR』が管理人のお気に入りです。

  7. 動画のファイル名を動画形式に合わせて変更
    ファイル名の最後を下の表の左の名称に変更します。
    例)〇〇.mp4 → 〇〇_ou.mp4
    〇〇の部分はどんな名前でもOKです。

    ○○_ou.mp4360度 トップボトム(上下)
    ○○_180_ou.mp4180度 トップボトム
    ○○_sbs.mp4360度 サイドバイサイド (左右)
    ○○_180_sbs.mp4180度 サイドバイサイド

    ※AdultFestaVRは 「○○_ou.mp4」
    ※WankzVRは 「○○_180_sbs.mp4」

  8. 改名した動画ファイルをPCからUSBメモリの「littlstar」フォルダにコピー
  9. USBをPS4に接続して『Littlstar』から視聴
    ※オンライン状態が必須です。なお、USBメモリは途中で抜き差ししても問題ありません。

時折ですが、LittlStar起動後に画面上の☆マークが回ったままでアプリが起動しない事があります。その場合はPSボタンからLittlstarを終了して、もう一度立ち上げてみましょう。通常はすぐに起動するはずです。

それから、『Littlstar』で認識出来る動画ファイルの数は300が上限となっています。外付けHDDなどの使用時に上限を越える数のファイルが『littlstar』フォルダに収納されている場合、アプリ上では300までしか表示されませんので気をつけましょう。

視聴の際の注意点
DMMアプリ同様にLittlstarでAVを視聴する際もテレビ(ディスプレイ)に同様の映像が流れています。ディスプレイの電源を切るかHDMIケーブルを抜いておく等の対策をオススメします。

さて、『DMM.COM』と『Littlstar』の両アプリのアップデートにより、PSVR発売初期の頃と比べると状況は大きく変わりましたね。

以前まではPSVRで見られる動画は海外のVRサイトの2DVRに限られていましたが、2017年4月以降は国内外の3DVRを本当に気軽に楽しむ事が出来るようになりました。2DVRとはまるで違う3DVRの迫力や臨場感を是非とも体験して頂ければと思います。

 

PSVRで見られるおすすめアダルトVR動画サイト(3DVR限定)

※こちらは『DMM.com』以外の『LittlStar』で視聴出来る動画サイトをご紹介しています。

・ AdultFestaVR(個別販売)※特におすすめ
動画はバラエティに富んでいて作品数も1,000本を越えるなど、質と量を兼ねそろえた日本におけるアダルトVRサイトの代表的存在。国内のVRはAdultFestaとDMMを抑えておけばほぼ問題ない。なお、Littlstarで再生出来るのはスマートフォン向けの動画のみで、ダウンロードした動画のファイル名の最後を『○○_ou.mp4』とする必要有り。

※2017年4月に定額3,500円のコースも開設されました。もちろん対象の動画もPSVRで視聴出来ます。定額コースのお得度を検証した記事もありますので興味がありましたらご覧下さい。
→ AdultFestaVRの定額コースはお得なの?

※KMP VR作品のセールが開催中!
8月25日の昼12時までアダルトVR製作メーカーKMP VRの対象作品が500円で購入出来るワンコインセールが行われています。業界最大手メーカー製作の名作揃いのお得なセールとなっていますのでお見逃しなく。

ここから紹介する海外サイトは月額定額制で、配信されている動画はすべて見放題となります。どのサイトもDRMフリーなので1度ダウンロードした動画は解約後も視聴出来ます。なお、『Littlstar』で動画を視聴する際はファイル名の最後を『○○_180_sbs.mp4』と変更する必要があります。

・ WankzVR(19.99ドル / 月)※特におすすめ
『XBIZアワード 2017 作品賞』受賞の海外サイト。配信されている作品は国内のものと比べると高画質かつ無修正。日本ウケしそうな小柄で可愛らしい女優さん達もたくさん活躍しており、無数にある海外のアダルトVRサイトの中でも特にオススメ。現在、33%OFFの月額19.99ドルで150本以上の動画が楽しめます。
→ WankzVR特集記事

※WankzVRの姉妹サイトで熟女寄りなお姉さん達専門のVRサイト『MilfVR』に同時加入すると両サイトが1ヵ月29.95ドルで楽しめてお得です。

・ Virtual Real Porn(19.95ユーロ / 月)
こちらも総動画数が200を越える巨大VRサイト。かねてよりPlayStationVR向けの動画を配信しており、ダウンロードした動画はファイル名を変えずにそのまま視聴する事が出来る。現在、3GBの無料サンプル動画を会員登録無しでダウンロードする事が可能だがサンプル動画のクオリティは微妙。新作になるほど動画の質は良くなっている。また、姉妹サイトにニューハーフ・素人・ゲイ・女性向け等の専門VRサイトが存在している。
→ 入会や退会等の情報はこちら

※上記リンク先の1.95ユーロキャンペーンは終了していますが、入会や退会方法は上記記事が参考になるかと思います。それから、現在は月額9.95ユーロのストリーミング専用のコースもあります。

※現在、1年会員と1ヵ月会員の価格が約20%OFFとなるサマーセールが開催中です。8月20日現在もセール価格継続中ですが、いつ終わるかはわかりませんのでお早目にどうぞ。

・ VRCosplayX(24.95ドル / 月)
パロディVRのみを扱うユニークなサイト。デスノート・ナルト・ゼルダ・ストリートファイター・FF・ハリポタ・鉄拳・攻殻機動隊・モータルコンバット等々、日本でも有名なアニメ・映画・ゲームなどのパロディVRを配信している。通常のVR作品を扱う『BadoinkVR』の姉妹サイトで両サイトに一緒に入会すると月額料金がお得になる。どちらも良いサイトですがVRCosplayXの方が日本では人気です。
→ VRCosplayX特集記事

※現在、1日1ドルのお試しコースが開設されています。ダウンロード出来る動画は1本だけと制限がありますがストリーミング再生は制限無しとなっています。1日が終わると自動で月額会員へ移行しますので、更新したくない方は退会手続きを忘れないようにしましょう。

・ Naughty America VR (24.95ドル / 月)
『XBIZアワード 2017 ベストVRサイト賞』受賞サイト。アメリカの有名な女優さんがたくさん出演しており、最近配信される動画は特にクオリティが高くなっている。月額24.95ドルでおよそ130本のVR動画を楽しむ事が出来る他、Naughty America系列の47の動画サイトの通常のAVを視聴する事が出来る。上記リンクページ中央の『FREE VR PORN SCENE』と書いてある辺りから無修正のサンプル動画のダウンロードが可能。

CzechVR(24.95ドル / 月)
海外の動画サイトは女優さんが多少大きく見えるサイトが多いですが(最近は少し改善されてきているが)、CzechVRとWankzVRは作品映像のスケール感がかなりリアル。『Czech VR Casting(素人モノ)』や『Czech VR Fetish(女性同士・自慰)』などの姉妹サイトもまとめて視聴出来るため、総配信動画数は200を越えている。

さて、2017年8月現在では上記で紹介したものの他、海外アダルトVRサイトのほとんどがPSVRで視聴出来るようになっています。参考までに海外サイトをまとめている記事がありますので、お時間ありましたらご覧頂ければと思います。

→ 海外のアダルトVRサイトまとめ

入会・退会方法等が不安な方はこちらもどうぞ。

→ 海外の定額制有料アダルトVRサイトの歩き方【入会・退会・支払い方法など】

※随時情報は更新していますが料金などは入会前に必ずご確認下さい。

 

※この後の記事はPlaystationVR用アプリ『Littlstar』と『DMM.COM』が登場する以前の記事となります。

PS4とPSVRをお持ちの方に向けたアダルトVR動画の視聴方法に関しましては、ここまでの記事とリンクでほぼカバー出来ているかと思いますが、PSVRとPCを直接つないで遊びたいという方は以下の方法も参考になるかもしれません。

 

3DでアダルトVRを視聴する方法(PCと接続編)12月5日更新

巷ではあまり話題になっていませんが、実はPSVRでもAdultFestaVRなどで配信している3DのVR映像を視聴する事が可能です。ただしVRの動画を再生出来る程度のスペックを持つPCが必要となります。

しかし、とりあえず動画を再生するだけですから、コアゲーマー向けのパソコンのように極端に高いスペックは必要ないようです。

私の環境ですがビデオカードは最近購入した1060GTXですので問題ないのですが、CPUはiシリーズですらない『Pentium g2030』です。5年前の購入当時に4000円だったCPUですがVR動画は普通に再生出来ていますね。

取り敢えず再生するだけならすぐに確認出来ますので、みなさんもお手持ちのPCで一度お試し頂ければと思います。

それでは、PC経由で3DVR形式の動画をPSVRで視聴する方法をご説明します。

psvr

画像・情報は『vrporn.com』より引用

まずはPSVRの配線を上記画像のように繋ぎ変えましょう。今、普通にPSVRを使用している状態なら下の黒字になっている部分を変更すればOKです。

⑤のシールが貼ってあるPSVRのHDMIケーブルを直接PCのHDMIに接続します。二股になっている⑤のもう片方のケーブルは電源供給ケーブルとなりますので、PSVRのプロセッサーユニットに接続したままでOKです。あとはPS4につないでいたHDMIを引っこ抜いて、さきほどPCに接続したPSVRのHDMIがもともと接続されていたプロセッサーユニットの端子に接続します。つまり、この部分はユニットから出たHDMIが再びユニットに接続される形になります。ループする形ですね。(なぜこのループが必要なのかは分かりません!)

実は配線をこのようにに変えるだけでPSVRはシネマティックモードではなくPSVRの画面全体にPCの画面を映すようになります。すると、PCで再生するVR映像をPSVRでもVRとして視聴出来るようになるんです。

そして、お気づきかと思いますがPS4がどこにも繋がっていません。そうなんです。シネマティックモードを使用しないならPS4は必要ありません。知った時は私もびっくりしました。

※PCの映像をPSVRのシネマティックモード(映画館モード)で視聴する場合、PSVRユニットとPS4を繋いでいるHDMIケーブルを、PSVRユニットとPCのHDMI端子を接続するように繋ぎ変えるだけです。VRじゃない動画を見る際はこちらを使用しましょう。

~続き~

上記の図の配線をした後、PSVRの電源をONにするとPCがPSVRをディスプレイとして認識します。デスクトップの何もないところを右クリックして『画面の解像度』を押しましょう。『複数のディスプレイ』の項目で『表示画面を複製する』を選択してOKを押します。
※ここはまだ試行錯誤中。デスクトップ拡張でも構いません。

次にPCでVRが再生出来るプレイヤーをインストールします。私が使用しましたのは無料で使用できる「VR Player」です。検索でもこちらからでもいいのでダウンロードしてインストールしておきましょう。

次に用意するのは動画ファイルです。

DRMでロックされていない日本人の3DアダルトVR動画が手に入るのは下の2つのサイトだけです。とりあえず無料会員登録をしてサンプル動画を手に入れましょう。どちらか片方に登録すれば両方のサイトで同じアカウントが使えますよ。

  • AdultFestaTV  会員登録・サンプルダウンロードはこちらから
  • AdultFestaVR  会員登録・サンプルダウンロードは個別作品のページから
    ※動画を購入した場合はスマホ向けh264のデータ方式の動画をダウンロードしましょう。h265はGearVRなどに対応した携帯端末じゃないと再生出来ません。

※海外のアダルトVRサイトならほとんどの動画を視聴出来ますが、動画の形式によってプレイヤーの設定を変える必要があります。

ちなみに私は購入済みの大島美緒:センパイ、元気がでるおまじない…し・て・あ・げ・る【初VR】でチャレンジしてます。可愛いんです、はい。ロリロリしてて……ロリロリしてて……。購入する作品で迷っていらっしゃる方はランキング上位にある作品を配信しているメーカー作品の中から好みに合いそうなものをチョイスすればハズレはないかと思いますよ。

本題に戻ります。それでは、サンプル動画等の準備が出来ましたら、さきほどインストールしたVrPlayerを立ち上げます。

いくつか簡単な設定を行います。プレイヤーの左上に項目タブがありますので再生する動画に合わせて設定を変更します。

Media  →  Format  →  Over/Under
Media  →  Projection  →  Sphere
Media  →  Effects  →  NONE
Device  →  Layout  →  side by side
Tool → Display → Horizontal offsetの値を65位に設定しておく

※素人の管理人が個人的に調整した設定です。より良い設定や視聴ソフトがありましたらTwitter等で教えて頂ければ嬉しいです。

設定準備が整いましたら、

File  →  Open File  →  withVLC

でダウンロードした動画を選択して再生をスタートしましょう。画面をダブルクリックする事で全画面表示になります。画面を複製している時はディスプレイ上で、画面を拡張している時はPSVRの画面の方にvrplayerのウィンドウを移動させてからダブルクリックしましょう。

PSVRを被ってとりあえず動画が映っているか確認しましょう。この時点ではまだ目の前の女の子の像がぶれているかもしれません。キーボード上からHorizontal offsetの値を微調整します。『K』でマイナス、『L』でプラスになりますので、適当にぽちぽちとボタンを押して見やすい値を探しましょう。

これでPSVRでも3DのVR動画が再生出来ているはずです。

ただVRPlayerはあまり画質が良くない気がします。画質が気になるようなら、パソコンのディスプレイが低画質なせいでPSVRの足を引っ張っている可能性があります。操作はしにくくなりますが、最初に行ったディスプレイ設定の画面で『複数のディスプレイ』の項目を『表示画面を拡張する』にして推奨の画質にすると良いかもしれませんね。

あとPSVRのレンズの歪みを計算して映像に反映させる事はまだ出来ていません。多少画面の端っこがぼやけたり歪んだりするかと思います。

尚、現時点ではPSVRのヘッドトラッキングは出来ていません。マウスで見る方向を調整するのが一番簡単なのですが裏技が一つあります。そちらを使えばvrplayerと併用する事で、ヘッドトラッキングされているのと同じ状態で動画を視聴する事が出来ますので説明致します。

※注意
2017年5月、『PSVRHeadTracker』がダウンロード出来なくなってしまいました。そのため、以下で紹介しているトラッキングの方法は現在使えませんが、マウスを動かして再生中の動画の視点を変える事は出来ます
。それほど動きの多くないアダルトVRならマウス操作でもある程度は楽しめると思います。

まずはPSVRのプロセッサーユニットから伸びるUSBをPS4からPCへと繋ぎ変えましょう。PSVRのジャイロデータがUSBを通してPCへと送られます。

次に海外の掲示板で見つけてきた『PSVRHeadTracker』というフリーソフトを使用します。redditという海外の掲示板で紹介されていました。

こちらのスレッドの中のリンクからダウンロード出来ます。
※現在、残念ながらダウンロードリンクが別サイトに変わってしまい、『PSVRHeadTracker』は入手できなくなってしまいました。

フォルダを解凍してPSVRHeadTracker.exeを実行しましょう。
pstracking

はい、こうゆう画面が出てきます。
画面左上のStart Mouse Trackを押すとPSVRのジャイロに合わせてマウスのカーソルが動くようになります。これで作業は終了です。

vrplayerは動画が再生されている画面を一度クリックしておくと、マウスを動かすだけでその動きに反応して画面の向きが変わります。つまり、PSVRHeadTrackerを使用する事で普通にアダルトVRを見ている状態を再現出来ます。

多少かくつきますがアクションゲームをするわけではないのでそれほど違和感はありません。

少々不完全ではありますが、以上の方法でAdultFestaVRの動画を3Dで視聴する事が可能となります。2,000円くらいの安価なヘッドマウントディスプレイで視聴するよりは全然実用的だと思いますので興味がありましたらお試し頂ければと思います。

ようやく実用的なラインまではきたように思いますが、まだまだ情報収集を続けて更なる躍進を目指してがんばりたいと思います。現在はSteamVR等を使っていろいろやっていますので、有用な情報がありましたら随時更新していきたいと思います。

※追記 SteamVRからAdultFestaの動画を再生してみました!

【PSVR】PCとPlaystationVRで国産アダルトVRを3Dで楽しむ方法

 

まとめ

2017年3月、そして続く4月にPlayStation4のシステムアップデートが行われ、『LIttlstar』と『DMM.com』の両アプリで3DのアダルトVR動画を簡単にPSVRで視聴出来るようになりました。

管理人を含めた全国のPSVRユーザーは大喜びです。

やがてPS4のメディアプレーヤーが3DVRに対応するようになり、結果的にエロVRも視聴できるようになるだろうと思っていましたが、予想を裏切るようにサードパーティのアプリによって実現となりましたね。

思い返せば、ここに至るまで非常に長い道のりでした。

かつてはPSVRでエッチなVRを見るために様々な工夫が行われていました。当記事の後半でご紹介しているPCとPSVRを接続する方法もそうですが、他サイトでは3DのVR動画を2Dに変換してから視聴するなどの方法も紹介されていました。なかなかエッチな動画を見るためにそこまで頑張れないという方がほとんどだったのではないでしょうか。

今となってはあの試行錯誤の日々が懐かしく感じられます。

これからはそんな苦労もなく好きな作品をどんどん視聴する事ができますね。

また、最近では月に1度のペースでPSVRに関連するアップデートが行われていますので、近い将来にはPS4のメディアプレーヤーでも3DVRを視聴出来るようになるのではないかと予測しています。

『DMM.com』は操作性こそ素晴らしいですが、視聴出来る動画はDMMで配信しているものに限られます。一方の『Littlstar』はAdultFestaVRで配信されている動画や海外サイトの無修正動画などを視聴出来ますが、逆に操作性があまり良くありません。メディアプレーヤーが使えればより快適にそれらの動画を視聴出来ますし、USBを使わずにメディアサーバー経由で手軽に動画を視聴出来るようになるのも有難いですね。早く対応してくれると嬉しいです。

※調べましたら『Littlsatar』は外付けHDDにも対応しているようです。littlstarフォルダの中にある動画ファイルは300個までしか認識されないそうですが、それだけあれば充分ですね。

また続報がありましたら、改めてご紹介させて頂きます。ここまで長文におつきあい頂きましてありがとうございました。

それでは、みなさん素敵なエロPSVRライフをお送りください。

PSVRなんてめんどくさい。スマホでアダルトVRを始めたい、という方は以下の投稿もどうぞ。安価な簡易HMDとスマホやアイフォンでも見られますよ。

スマホとアイフォンでエッチなVRを見る方法

日本人の無料サンプル動画でエロVRを始めよう!

 

 

※ここから下はPlayStationVR発売前に投稿した記事です。情報が古いですが、こちらを検索していらっしゃる方も多いので残させて頂いております。

さて、世間を賑わすPSVRことPlaystationVRですが、みなさん期待のアダルトVR動画視聴の可否について書きたいと思います。

海外のVR関係のブログで面白い記事がありましたので引用します。

“Most likely, the path from PSVR to vr porn will be through the web. PSVR users will be accessing websites, using their Playstation VR headset. We see the web as the place where adult vr will dominate because it’s the most open and accessible platform,” said Daniel Peterson, CEO and founder of VRPorn.

"The path from PSVR to VR porn will be through the web"より

こちらはfounder of VRPorn CEOの発言が取り上げられていますね。海外のVRポルノサイトの偉い方です。

簡単に要約しますと、PSVRユーザーはPS4からブラウザでVR動画サイトにアクセスする事でアダルトVRコンテンツを視聴する事が出来るのではないか、といった内容の発言をされてらっしゃいます。

もちろん実際に本機が発売されているわけではありませんのでまだ分かりませんが、ソニーはもちろん積極的にアダルトコンテンツを誘致するような事はしないでしょう。しかし、ユーザーがブラウザを使用した際、そういったサイトへのアクセスを制限する事は無いだろうと考えられます。現在でもPS4ではDMMのアダルトコンテンツをアプリから視聴する事が出来ます。DMMがアダルトコンテンツだけを扱っているサイトならばアプリは承認されなかったでしょう。あくまで総合的なメディアサイトの端っこにアダルトコンテンツもちょっとありますよ、というエクスキューズが必要なのでしょうね。

つまり、ソニーはPSVRに関してもアダルトコンテンツの視聴に関しては『黙認』する可能性が高いと思われます。

ハードを普及させるにあたり、アダルトコンテンツの牽引力は無視出来るものではありません。ソニーもそのあたりは重々理解しているはずです。もしアダルトコンテンツを積極的に禁止すれば、ビデオテープ戦争に手痛く敗北したβマックスと同じ轍を踏む事になるでしょうね。VR業界全体の発展を考えても良い事は一つもないです。

それから、当然ですが海外のVRサイトはPSVRに対応する気満々のようです。

“To answer your question, we do have plans to support it, if there is an open platform to load 3rd party videos.”

VR Pornhub plans to support PS4 porn on PlayStation VR

こちらは当サイトでもおすすめしている海外のアダルト動画サイト『Pornhub』の広報の方の発言ですね。プレイステーションVRをサポートする計画はありますか?という質問に対して上記のように答えています。

『もしサードパーティのビデオをロードする環境があるならば、私達はそれをサポートする計画があります』

PSVRでアダルトVR動画を視聴出来る環境があるならばもちろん対応します、といったところですね。

今後、ソニーがどのような対応をするのか気になるところです。

PSVRの発売タイミングに合わせた? 秋からDMMがアダルトVRへ参入

dmm

先月、DMMが秋からアダルトVRに参入すると発表しました。これは偶然のタイミングではないでしょう。PlaystationVRの発売が10月13日ですから、そこを狙ってと考えるべきですよね。

しかも、DMMのアダルト動画は現行のPS4でも視聴する事が出来ます。

ということは普通に考えれば配信されるVR動画も見られると思っていいですよね。PSVRとDMMがタッグを組めばVRエロ業界も大きく飛躍すること間違いなしです。

もしPSVRで簡単にDMMのアダルトVR動画が見られるようになったら、現在、国内に3つしかないアダルトVR専門サイトの『AdultfestaTV』『AVVR』『HBOX.JP』はかなり苦戦するかもしれません。競争が激しくなってサービスが良くなるのだったらユーザーとしては嬉しいですけれどね。

ということで、発売まで残り一ヵ月を切ったPSVR。

アダルトコンテンツにどう対応していくのか、これからも動向をチェックしていきたいと思います。

-PSVR, VR, アダルトVR, 日本, 海外

Copyright© アダルトVR速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.