セール画像バナー

アダルトVRニュース&セール情報

VIVE XR ELITEはエッチなVRの視聴におすすめ?スペックから検証します!

2023年4月、スマホやVRゴーグルを製造している台湾のメーカーHTCから新型VRゴーグル『VIVE XR ELITE』が発売されました。

製品名 : VIVE XR ELITE
価格  : 179,000円(税込)
発売日 : 2023年4月

⇒ HTC公式

VRゴーグルのメーカーとして実績があるHTCですので、本機も高性能なデバイスとなっています。

当サイトはアダルトVR専門サイトですので、以下、VIVE VR ELITEがアダルトVRの視聴に向いているかどうかをレビューしていきたいと思います。

ご購入を検討している方は参考にどうぞ。

PSVRとPCを接続アイキャッチ
アダルトVRにおすすめのVRゴーグルランキング!価格や性能を比較したベストバイはこれだ!【2024最新】

適切なVRゴーグルで視聴するアダルトVRは最高にエロいです! そこで、本記事ではアダルトVRに最適なVRゴーグルを詳しくご紹介しています。種類が多すぎてゴーグル選びに悩んでいる方はぜひ参考にどうぞ。 VRゴーグルの特徴やスペックについて まず、簡単にVRゴーグ ...

続きを見る

アダルトVRの始め方
アダルトVRを始める方法まとめ!エロすぎるVR AVの世界を徹底解説!

みなさんはVRのAV「アダルトVR」を体験した事がありますか? アダルトVRの中でならアイドル級の美少女とも簡単に疑似SEXが出来てしまいます。AV業界で「革命」と呼ばれているのも納得するほどのエロさがあります。 本記事では筋金入りのアダルトVRマニアの管理人 ...

続きを見る

VIVE XR ELITEはアダルトVRの視聴に向いている?

VIVE XR ELITEの性能や価格を総合的に見ると「アダルトVRの視聴が目的ならあまりオススメではないかな?」というのが正直なところですね。

ポイントをまとめると以下のとおり。

  • スタンドアローン型なのでPC無しでも利用可能
  • 両目解像度3840 x 1920ピクセルは必要十分だが、4万円のMeta Quest2とあまり変わらない
  • 視野角110度は良い
  • 後部バッテリーを外してグラス型に変形可能(モバイルバッテリーなどで給電。USB PD対応)
  • RGBパススルーでカラー&高画質で外の映像を見られます
  • FANZAの視聴は高性能なPCと接続しないと不可

私はすでに複数のVRゴーグルを持っていますので購入を控えましたが、ネットで使用レビューを探してみると以下のような声がありました。

  • 画質はやはりQuest2と同程度
  • パンケーキレンズ採用でピントは合いやすい(レンズの格子模様も気にならない)
  • ソフトウェアの不具合が複数確認されている
    ※アップデートにて改善
  • バッテリーがすぐ切れる

あまりポジティブな内容ではありませんね。

もっと価格が安ければ購入の候補に入るのかもしれませんが、17万円という価格ではオススメしにくいというのが正直な印象です。

特にFANZAのVR視聴用途ならPCが必要ないMeta Quest2Meta Quest 3があきらかに有利。

Meta Questのイメージ画像
Meta Quest 2でアダルトVRを視聴した感想!映像が超キレイで激エロでした!【FANZA対応】

※Oculus Quest2はMeta Quest2へ改名されました。 本記事ではMetaのVRゴーグル『Meta Quest 2』でDMMなどのアダルトVRを視聴した感想レビューをご紹介しています。 最初に結論から言いますと、 Meta Quest2で視聴す ...

Meta Quest 3はFANZAのエロVRの視聴に最適!実機レビューと共に詳しく解説!

本記事では「Meta Quest 3とアダルトVRに興味がある方」に向けて以下の内容をご紹介しています。 最初に結論から言いますと、 Meta Quest 3はアダルトVRの視聴に最適なVRゴーグルでした! Quest3の購入を検討している方、アダルトVRの視 ...

同様に2023年12月にFANZAに正式対応したPICO4も悪くありません。スタンドアローン型ゴーグルはかなり競合製品が多い激戦区となっていますね。

PICO4でアダルトVRを視聴した感想!最高のゴーグルだがFANZAの視聴は出来ない?

本記事では中国のPico TechnologyのVRゴーグル「PICO4」でアダルトVRを視聴した感想と視聴方法をご紹介しています。 ご購入をお考えの方はぜひ参考にどうぞ。 ⇒ Pico公式サイト ※販売サイト:Amazon / ヨドバシ / ビックカメラ e ...

なお、XR ELITEは後部のバッテリー搭載ストラップをはずすと軽量のメガネ型ゴーグルとしても利用出来ます。この機能は他製品には無いのですごく面白いです。

トランスフォーム!スゴイ!

HTCはスタンドアローン型ゴーグルとしてVIVE FOCUS3VIVE FLOW(メガネ型)をリリースしていますが、そのどちらの形にもなれちゃうというコンセプトになっているようです。

VIVE FOCUS3

自宅のVIVE FLOW

個人的にはVIVE FLOWは結構好きなデバイスでしたので、その点では少し気になっています。価格さえもう少し安くしてくれれば、といったところですね。。。

VIVE XR ELITEの詳細スペック

VIVE XR ELITEはスタンドアローン。単体でFANZAの視聴は不可

VIVE XR ELITEはPC無しでも利用出来るスタンドローン型(オールインワン)のVRゴーグルです。

スタンドアローン型ではありますが、Meta Quest2やPICO4などと同様にPCと接続してPCVRとして利用する事もできます。有線(USB TypeC)・無線(WiFi6)の両方に対応。

なお、FANZAの視聴には専用アプリが必要なのでゴーグル単体では利用出来ません。高性能なPCと接続すればFANZAの利用も可能です。

FANZA以外のエロVRはゴーグル単体で視聴できますよ。(PCから動画ファイルを転送)

価格の割に解像度は控えめ

両目解像度は3840 x 1920最大視野角は110度リフレッシュレート90Hzという事で必要十分な性能ですね。

ただ、価格を考えると解像度は中途半端な印象。他のゴーグルと比較してみましょう。

最新ゴーグルの中では少々見劣りしますね。

ただ、3,840×1,920という解像度は間違いなく高画質なのでアダルトVRの視聴には問題ないでしょう。

パススルー機能はかなり優秀(外部映像取り込み)

外部映像を取り込んでディスプレイに映像を映すパススルー機能はかなり優秀そうです。

高解像度RGBカラーカメラを搭載しているので、鮮明かつ高画質で外部映像を映し出せます。ARなどのソフトを利用する際には活躍するでしょう。

将来的にアダルトARが進化したら出番がありそうではあります。

※実際にパススルー映像は本当に綺麗です。

グラスモードなら携帯性は抜群。273グラムの軽量

冒頭でもご紹介しましたが、VIVE XR ELITEは2つのモードで利用する事ができます。

VIVE FOCUSのように後頭部がしっかりしたストラップを装着したモードと、VIVE FLOWのようにコンパクトになるメガネモードです。

メガネモードなら重量は273グラム!軽い!

私はVIVE FLOWを持っていますが、メガネ型ゴーグルは脱着が気楽に出来る点が気に入っています。VR動画の視聴には結構おすすめですよ。(メガネモードは常に給電が必要)

⇒ HTC公式(事前予約受付中)

※発売後の感想では実際には3時間程度しかバッテリーは持たないとの事です。

以上、VIVE XR ELITEについてのご紹介でした。

特にコスト面が不利すぎてアダルトVRにおすすめと言える製品ではありませんが、コンパクトなメガネ型にトランスフォーム出来るという点は素晴らしいと思います。

でも、もう少し頑張って欲しいなあ、というのが私の結論となります。

-アダルトVRニュース&セール情報