セール告知用バナー

アダルト一般

HTCよりVIVE FOCUS 3とVIVE Pro 2が発表!革新的なアダルトVR視聴デバイスとなるか!

5月11日、HTCはカンファレンス『VIVECON 2021』にて新型VRゴーグルの『HTC VIVE Pro 2』と『HTC VIVE FOCUS 3』の2機種を発表しました。

発売日 : 2021年6月下旬
HTC VIVE Pro2    :  178,990円 (税込) ※フルセット
HTC VIVE FOCUS3 :  130,900円 (税込)

※機種名をクリックすると各デバイスの詳細ページへと移動します。

VIVE Pro 2がPC用VRゴーグルで、VIVE FOCUS 3がスタンドアローン型のVRゴーグルです。両機種共にかなり値段は高いですが、その分、現行のVRゴーグルと比べると最高の性能となっています。

以下、本記事ではアダルトVRマニアの観点から2機種についてまとめました。

PSVRとPCを接続アイキャッチ
アダルトVRにおすすめのVRゴーグルランキング!価格や性能を比較したベストバイはこれだ!【2021最新】

本格的なVRゴーグルで視聴するアダルトVRは最高にエロいです! しかし、アダルトVRに興味があるけれど、種類が多すぎてどのゴーグルを選んだら良いか分からないという方も多いのではないでしょうか? そこで、本記事ではアダルトVRの視聴に最適なVRゴーグルをご紹介し ...

『HTC VIVE Pro 2』と『HTC VIVE FOCUS 3』の性能について

VIVE Pro2は本体のみの販売も予定しており、すでに現行のVIVE Proを所持していれば本体だけを購入する事で既存のシステムを全て利用する事が出来ます。フルセット購入時に付属するセンサーやコントローラーは既存の製品と同一です。

それでは、各デバイスの特徴と性能を見てみましょう。

ディスプレイはどちらもLCD(液晶)です。現モデルのVive Proは発色に定評のあるOLED(有機ELディスプレイ)でしたが、次世代モデルは反応速度が速く寿命も倍近いLCDに統一したようですね。

それぞれ前モデルに比べて大幅に性能が進化しており、両デバイスに共通して両目解像度が4,896×2,448(5K)視野角が120度となっています。

他のVRデバイスと比較すると以下の通り。

視野角は最高レベル、解像度はダントツでトップですね。

ただ、VIVE Pro2はフルセットで約18万と高額な上に高性能PCも必須なのて購入のハードルは高めです。

それならば、スタンドアローン型のVIVE FOCUS3により注目が集まりそうですが、HTCによるとFOCUS3は企業の展示会や営業などに利用されるビジネス向けのデバイスという位置づけで販売されるようです。

リフレッシュレートについて

各デバイスの最高リフレッシュレート(滑らかさ)はHTC Pro2が120HZでHTC FOCUS3が90HZとなっています。90HZでも十分に高画質です。

アダルトVRの視聴は可能? FANZAのエロVRへの対応は?

基本的には2機種共にアダルトVR動画の視聴は可能です。

広い視野角と最高の解像度で今まで以上に高い没入感でアダルトVRを楽しめるようになる事は間違い無いと言って良いでしょう。

たた、日本ユーザーには大きな問題があります。

それは、VIVE FOCUS3はFANZAには対応しないだろうという点です。


DMM VR対応デバイス一覧

DMMには優れた独占配信作が数千作もある上に画質やプレイヤーの操作性も抜群です。七沢みあや橋本ありな等、DMMでしか作品を視聴出来ない人気女優も多いため、エロVR愛好家には必須のサイトとなっています。

もともとがビジネス向けのモデルという事なので仕方が無い部分ではありますが、DMMに未対応となるとVIVE FOCUS 3を購入する気にはなれません。(DRMフリーのサイトのエロVRは視聴可能)

一方、HTC VIVE Pro2はPC用のDMMアプリが使えますのでアダルトVRを存分に楽しむ事が出来ます。

HTC VIVE Pro2は最強のアダルトVR視聴デバイス!

コストなどを一切考えなければ、FANZAの視聴も可能なHTC VIVE Pro2は最強のアダルトVR視聴デバイスになるだろうと想定出来ます。

  • 120度の視野角
  • 5Kの解像度(VRゴーグルではNo1)
  • 120HZのリフレッシュレート
  • 調整範囲が広い瞳孔間距離(IPD)調節機能
  • 3Dサウンド機能

しかし、フルセットで178,990円という価格はとにかく高いですね。

本体だけでもかなり高価になりますが、このデバイスの性能をフルに引き出すには加えて高性能なゲーミングPCも必要となります。

ドスパラ:ガレリア

現在、世界的な半導体不足や仮想通貨のマイニング用途でPC用のグラフィックボードが大きく高騰しており、管理人がおすすめするGeForce 3000番台のグラフィックボードを積んだモデルは20万程度の予算になってしまいます。

ちょっと一般的にはオススメ出来ませんが、この組み合わせなら真に最強の画質でアダルトVRの視聴が可能になりますね。

FOCUS3もPCとの無線接続でFANZAの視聴は可能

前述したように、HTC VIVE FOCUS3はスタンドアローン型のVRゴーグルなのですが、HTCが公式でリリースしている『VIVEPORT Streaming』というソフトを使えばPCと無線で連動可能になると予想されます。(現行モデルが対応しているため)

接続後は通常のPCVR用のゴーグル(VIVE Proなど)として利用出来ますので、当然、DMMプレイヤーを立ち上げてFANZAのアダルトVR動画も視聴出来ます。

しかし、VIVEPORT Streamingの利用にはHTCが展開しているアプリケーションストア『VIVE PORT』の有料会員になる必要があります。

VIVE PORT 有料会員期間月額換算費用
1ヵ月会員1,500円
年会員1,000円(年額費用一括払い)

PCとの接続だけが目的だと少し高い印象ですが、VIVE PORTの有料会員になると1000本ほどのVRアプリがダウンロードし放題となります。

VRゲームもたくさん遊びたいという方には良さそうですね。

具体的な利用方法はプレスリリースなどが掲載される『PR TIMES』に詳しくありますのでそちらを参考にして頂ければと思います。

⇒ VIVE Streamingの遊び方

なお、VIVE FOCUS3を動かせるPCはVIVE Pro2と同様に高性能なゲーミングマシンです。また、VIVEPORT Streamingは無線接続となりますのでご自宅にはWiFIネットワーク環境が必要となります。遅延が起きないようにWiFIルーターは5GHz帯対応の製品がオススメです。

ただ、結局、PCと接続するのであればリフレッシュレートが上回っているVIVE Pro2で良いかもしれませんね。

まとめ:アダルトVRが目的だとコスパ的には微妙か

発表されたばかりのHTC VIVEの2機種について簡単にまとめましたが、正直、アダルトVRだけを楽しむのが目的ならコスト的に微妙だと思います。

HTC VIVE FOCUS3はFANZAに未対応ですし、HTC VIVE Pro2はそのスペックを引き出す環境を整えるための予算が高すぎます。外部センサーのレーザーによる精細なトラッキングなどアダルトVRには無用なシステムに費用がかかりすぎている印象です。

ただ、コストの問題を気にせず、とにかく最強のアダルトVR体験をしたいという方にはHTC VIVE Pro2はオススメですよ。

アダルト以外でも最高峰のVR体験をしたいという方にもオススメ。

しかしながら、これから本格的にアダルトVRを視聴したいという多くの方には、やはり3万7千円で購入出来る高性能VRゴーグルのOculus Quest2を推します。低価格ながら驚くような高画質で動画を楽しむ事が出来ますよ。

最初はスマホからでも良いですね。

Oculus Quest 2でアダルトVRを視聴した感想!映像が超キレイで激エロでした!【DMM・PICMO VR対応】

Facebookから発売された一体型VRゴーグル『Oculus Quest 2』がとうとう我が家に到着しました! もちろん目的はアダルトVRの視聴でしたので、封を開けてセットアップを終えるなりDMMのVR専用AVを再生してみたのですが、 Oculus Ques ...

アダルトVRの始め方
アダルトVRを始める方法まとめ!エロすぎるVR AVの世界を徹底解説!

みなさんはVRのAV「アダルトVR」を体験した事がありますか? アダルトVRの中でならアイドル級の美少女とも簡単に疑似SEXが出来てしまいます。AV業界の革命と言われているのも納得するほどのエロさがあります。 一度見たら普通のAVには戻れないかもしれません! ...

-アダルト一般

Copyright© アダルトVR速報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.