アダルトVRに関するニュースやおすすめコンテンツをご紹介

アダルトVR速報

アダルト一般

ドライオーガズムでイクための方法まとめ!仕組みやコツをしっかり解説!

更新日:

SEXやオナニーで女性だけが連続で何回もイケるのは不公平だと思いませんか?

男は射精した時点で終わりなのに…………

しかし、実は男でも女性のように射精をせずに何度もイケるドライオーガズムというものが存在するのです。

このドライオーガズムに達するためのオナニーの方法をマスターすれば射精以上の快感を気が済むまで何度も楽しめるようになりますよ。

射精の比ではないドライオーガズムの快感

射精以上の快感が繰り返し起きるドライオーガズムの気持ち良さは凄まじいものがあります。

何度も連続して射精する感覚」と言えば未体験の人には想像がしやすいと思いますが、ドライオーガズムは1回1回の快感の強さも射精のそれを上回ります。また、前立腺で発生したオーガズムはそこから広範囲に広がって全身に伝搬していきます。

そして、ドライオーガズムには射精というゴールが無いため、一度イッた後に刺激を続ければすぐに次のオーガズムが訪れ、その快感の波は刺激をやめるまで永遠と続きます。

頭が快感で真っ白になるという表現がしっくりきますね。

ドライオーガズムの特徴

・射精を伴わない
・自分が満足するまで繰り返しイケる
・快感は前立腺を中心に全身へ広く伝わる
・イク寸前に体が硬直して、イッた瞬間は弛緩する

・声を上げて痙攣してしまうほどの快感

上記をみると分かりますが、男のドライオーガズムは基本的に女性が挿入によって中イキをする時とほぼ同等の特徴があります。

管理人個人の体感としても射精でイク場合とはまったく別の快感だと断言出来ます。

「こんなの本当にあるの?」と思う方もいると思いますが、

ドライオーガズムは間違いなく存在します。

人体の構造から見てもドライオーガズムが存在する証拠はきちんとありますし、なぜ女性がイクのと同じ快感を得られるのか、という理由も理論的に説明が可能です。

以下、ドライオーガズムの仕組みを詳しく解説していきますが、先にオナニーの方法を知りたいという方は『ドライオーガズムでイクための方法』から見て頂いても問題ありません。

ドライオーガズムが起こる仕組み

男がドライオーガズムに達するためには前立腺への刺激を行わなければいけません。

前立腺を刺激するための医療器具『アネロス』を販売しているアネロスジャパンが提供しているイラストで前立腺の位置を確認してみましょう。

肛門から挿入されている白い棒状のモノが『アネロス』ですね。

その先端、膀胱の下にある肌色の器官が前立腺です。この部分をじっくりと刺激していく事でドライオーガズムに達する事が出来ます。

元々、『アネロス』の前進である『エネマグラ』は前立腺疾患の予防のために開発された前立腺マッサージ用の医療器具です。しかし、前立腺を刺激する事でオーガズムに達する男性が相次いだために有名になり、現在ではアダルトグッズのような扱いになってしまいました。

なお、特別な器具を使わずとも、肛門からの指の挿入や会陰部へのマッサージ刺激などでも前立腺を刺激する事は可能です。

ドライオーガズムはなぜ女性の中イキとそっくりなのか

前立腺は男性にしかない器官なので女性には存在しません。

しかし、女性には前立腺と相同(起源が一緒)の器官であるスキーン線というものがあります。このスキーン線が女性のオーガズムに密接に関わっていると言われています。

スキーン線は膣に中指を入れて鍵の字に曲げたあたりに神経が分布しています。ここはいわゆるGスポットと呼ばれる場所で、刺激を受けると挿入を滑らかにするための分泌液を尿道の横の小さな穴から出します。潮吹きと呼ばれる現象ですね。

スキーン線の男性版が前立腺というわけですので、その前立腺を刺激して女性のように快感を得られるというのは納得が出来ます。

しかし、いわゆる女性が深く感じる中イキはGスポット部ではなく、子宮やその入り口付近の膣壁への圧力・振動・刺激で発生するとされています。それなら男性版のGスポットど言ってもよい前立腺への刺激が女性の深いオーガズムに繋がるのは少しずれているように思われます。Gスポットは強烈な性感を得ますが、深く連続したオーガズムへは繋がりにくいのです。

この疑問については、数年前に話題になった医療系学生のTweetが参考になります。

妊娠初期の人間の胎児は男性器に発達するウォルフ管と女性器に発達するミュラー管の両方を持っています。

胎児が女性になる場合はミュラー管が卵管・子宮・膣上部へと発達するのですが、男性になる場合はわずかに前立腺小室と精巣垂を残してミュラー管は退縮してしまいます。(前立腺小室は前立腺の内部に残る)

前立腺は位置関係を見ても膣や子宮などと同様に膀胱と直腸の間にあります。『女性に成長する場合には大きく発達するはずだった子宮や膣が前立腺小室として残っている』と考えれば、前立腺刺激によってイク際の様子が女性のボルチオ性感による中イキに近い理由が納得出来ると思います。

・前立腺は女性のスキーン線に対応(Gスポット・潮吹き)
・前立腺小室は女性の子宮と膣に対応(ボルチオ・中イキ)

こうしてみると、前立腺を刺激するという事は、女性でいうところのGスポットとボルチオを同時に刺激される事と同等と言えそうです。

膣をペニスで突かれながらGスポットを責められているイメージですね。

ドライオーガズムなんて科学的にあり得ない、という方もこういった男女の性器官の起源を辿ってみると理論的にも納得が出来るのではないでしょうか。

女性が中イキで感じる部分が男性の体にも前立腺として残っているというわけです。

ドライオーガズムでイクためのオナニーの方法

それでは、いよいよドライオーガズムでイクための方法をご説明します。

女性でも中イキは出来ないという方がたくさんいるのと同様、ドライオーガズムも最初の内は感覚がつかめずに苦戦すると思います。

しかし、きちんと練習をしていけば必ず出来るようになりますよ。

まずは誰も来ない環境でリラックス

ドライオーガズムに達するためにはリラックス状態での集中が必要となります。

実際に前立腺の刺激を始めて感じるようになると、思わず身悶えして声が出てしまうほどに感じます。頭も真っ白になって周囲への集中力が薄れますので、家族や恋人などの接近に気づかずにオナニーの現場を見られてしまう可能性があります。

家族がいる環境なら、絶対に誰も来ない深夜などのタイミングを狙ってチャレンジしてみましょう。

とにかくリラックスした安心できる環境で、刺激をしている部分にじっくりと意識を集中させるのが重要です。

受け身の気持ちでメスイキを意識した方がイキやすくなる

男の体の中に残った小さな子宮で感じるオーガズムという事だけあり、精神的には自分自身が女になったかのような意識でいた方がイキやすくなります。

LGBTで男性が好きという方はかなり有利ですね。

ただ、管理人は全然ノーマルな人間ですが、しっかりとメスイキ出来ていますのでご安心ください。

個人差があるとは思いますが、私のように普通に女性が好きな男性には以下のようなイメージで取り組むと入り込みやすいかもしれません。

  • 好きな女の子にペニスバンドで突かれるイメージ
  • 自分自身が好きな女の子になって男に突かれるイメージ
  • 美人ニューハーフにチンコを挿入されるイメージ

自分が挿入されている側に気持ちを向ける事がかなり重要です。

射精しないオナニーというだけあり、女性の膣をガンガン突いて精子をぶちまける、という意識ではドライオーガズムに達するのは難しいかもしれません。

自分が挿入されているイメージは嫌だ、という方はひたすら無心になって刺激している前立腺に意識を集中してみましょう。通常のオナニーの時のような妄想するよりも無心でいる方が達しやすくなります。とにかく前立腺からくるジワジワとした快感を捉えましょう。

精神的な在りようがドライオーガズムを感じるためには本当に大切です。環境や条件が揃わなければ女性が中イキ出来ないのと一緒ですね。

前立腺刺激 その① 会陰マッサージ

それでは、いよいよ前立腺を刺激する方法をご紹介します。

まずは一番お手軽な会陰部へのマッサージから始めてみましょう。

会陰とは陰嚢(キンタマ袋)の付け根付近のもっこりとした部分です。肛門から陰嚢に向けて指を移動させると、コリコリとしたペニスの根っこが感じられる場所があると思います。そのコリコリの下の辺りが気持ち良くなれるポイントです。

ちょうど該当部位が分かりやすそうなTweetがあったので貼っておきます。

ちょうど丸がついているあたりですね。

会陰は体内にある前立腺とは離れている印象がありますが、このもっこりとした部分の恥骨尾骨筋は前立腺尖部とくっついているため、この部分をグリグリと刺激する事で前立腺まで間接的に刺激を届ける事が出来ます。

両足を大きく広げて会陰部をマッサージしてみましょう。

恥骨尾骨筋の奥にある前立腺へ刺激を届けるため、振動を伝えるようなカタチで勢いをつけてグッグッとリズミカルに押すと良いカンジになります。強すぎると筋肉を傷めてしまいますので、最初は弱い刺激から始めて徐々に強くしていきましょう。

人によって感覚は違うかもしれませんが、会陰の奥に響いてオシッコがしたくなるような違和感があればアタリのポイントです。

前立腺刺激 その② 肛門の中から指やアネロスで刺激する

こちらは肛門の中から直接前立腺を刺激する方法です。

肛門から指を入れて鍵の字に曲げて刺激を与えるか、専用の前立腺マッサージ器である『アネロス』を利用するかのどちらかがオススメです。

もう一度『アネロス』公式の図を見てみましょう。

イラストを見て頂きますと、肛門の中から前立腺までは意外と距離があるのが分かります。

指の短い人だとなかなか前立腺を刺激するのは難しくなりますし、肛門に指を挿入するための体勢もかなり不自然なものとなります。

やはり、肛門内からの前立腺刺激は専用器具の『アネロス』を利用した方が良いと思います。

先にも述べましたが、アネロスは前立腺肥大を予防するために開発された前立腺マッサージ用の医療機器『エネマグラ』の後継モデルです。

エネマグラを利用する治療の過程で謎のオーガズムに達する男性が多数報告された結果、現在のようにドライオーガズムという現象が広く知られるようになりました。

アネロスを肛門に挿入すると、肛門括約筋の力でアネロスが自動的に前立腺を刺激してくれます。

快感を感じて肛門が閉まると、アネロスが動いて前立腺を圧迫します。すると、前立腺の快感によって肛門が閉まって再びアネロスを動かすという快感のループが起こります。

床に横になって胎児のように体を少し丸めた姿勢がオススメです。肛門に力を入れたり緩めたりしてアネロスを断続的に動かしてみましょう。

やがて、お腹の奥からムズムズとした形容しがたい快感が沸きあがってくるはずです。

※指や器具を挿入する際は必ずローションを使うようにしましょう

前立腺に発生した快感をドライオーガズムへ高める

ドライオーガズムでイクためには射精してはいけません。

ペニスへの刺激は射精寄りの刺激となるためドライオーガズムを遠ざけてしまいますので避けましょう。

逆に乳首への刺激はドライオーガズム寄りの刺激となります。前立腺と同時に乳首も刺激してみると良いですね。(気が散るのであれば必要ありません)

また、ドライオーガズムでイク際はお腹の奥で快感が爆発するのですが、かならずイク寸前に下腹部が緊張して収縮します。腹筋に力が入って肛門がキュッと締まるような感覚ですね。

前立腺で快感らしきものを捉える事が出来たら、下腹部に意識的に力を込めてみるとドライオーガズムへ繋がる快感が蓄積されていく感覚が分かりやすくなります。

そして、その快感をひたすら貯めていくと、最後にドライオーガズムとなって爆発するのです。

ドライオーガズムは繰り返し訪れる

オーガズムに達すると緊張していた下腹部が一気に弛緩して力が抜けます。

頭が真っ白になるような快感が下腹部から全身へ走りますが、そのまま前立腺への刺激を続けると、身体が再び軽く緊張してすぐに2回目のオーガズムに襲われます。

この繰り返しこそがドライオーガズムの魅力です。

まさに「永遠の射精」と言っても良い凄い刺激です。

全身がビクンビクンと痙攣し、女性がイク時に声を出してしまうという感覚を身を持って体験する事が出来るのです。

ドライオナニーのためのアダルトグッズ

それでは、ここからはドライオナニーの際に必須 or あった方が良いアダルトグッズをご紹介します。

まずは何度もご紹介しているこちら。

アネロスのスタンダード

 

直接アナルから前立腺を刺激するなら欠かせない医療用前立腺マッサージ器の「アネロス」です。

色々な種類があるのですが、スタンダードなヒリックスシンスタンダードで良いかと思います。お値段が1万近くしますのでちょっと勇気がいる買い物になりますね。

本格的にドライオナニーを極めたいならオススメの商品です。

ペペローション 360ml
ペペローション 360ml

アナルから前立腺を刺激する際にはローションは必須ですね。

ローションは粘土が高いこのタイプのローションと粘土が低いサラサラタイプのローションに分かれています。

ドライオーガズムのためのオナニーはなかなか時間がかかりますので粘土の高い物の方がオススメ。定番のペペローションで良いと思います。

U.F.O. SA
U.F.O. SA

乳首刺激用のローターとして完成形と言っても良い「U.F.O SA」です。

吸盤で乳首に吸い付ける事でハンドフリーで乳首を刺激する事が出来ます。充電式で場所を選ばないのも良いですね。

また「AdultFestaTV / AdultFestaVR」などのAVと連動して、動画に合わせて乳首を刺激してくれる機能までついています。高機能な分、約20,000円とかなり値段が張りますが間違いの無い優秀な道具です。

U.F.O.
U.F.O.

上記の商品から自動連動の機能を省いたものがこちらです。

ドライオーガズムが目的なら連動機能は必要ありませんので、管理人としてはこちらの方がオススメです。お値段も約7,000円という事で値段差も大きくコストパフォーマンスは高いですね。

ドライオーガズムで達するためには乳首への刺激は本当に有用ですよ。

ちなみにアダルトグッズのリンク先は管理人オススメのNLSというアダルト専門サイトになっていますが、普通にAmazonなどで購入しても良いと思います。管理人はアマゾンにアダルトグッズの購入履歴を残したくありませんのでNLSを利用しています。

ドライオーガズムオナニーのデメリットや危険性について

最後にドライオーガズムのデメリットと危険性についてご説明します。

クセになってしまうほど気持ちの良いドライオナニーですが、普通のオナニーと比べると以下のようなデメリットがあります。

  1. オナニーの用意が面倒
  2. 身体が女性化していく
    ⇒ 自律神経の乱れ?

以下、詳しく見ていきましょう。

デメリット① オナニーの用意が面倒

言うまでもありませんが、本格的にドライオナニーをしようと思うとかなり準備が面倒くさいです。

まず、長時間、人が絶対に来ない環境が必要という点で家族持ちの方にはハードルが高いですね。

そして、アナルから前立腺を刺激するつもりなら必ずローションが必要になります。床やベッドにローションが垂れて汚してしまうのも嫌ですし、アナルなどがベタベタになってしまうためにオナニー後はシャワーも必要となってきます。バイブの洗浄なども手間ですね。

その点、会陰オナニーなら静かな環境さえあればローションやシャワーは必要ありません。

ドライオーガズムに達しやすいのはアネロスによる前立腺の直接刺激ですが、お手軽さという意味では会陰オナニーが最強ですね。

デメリット② 体の女性化や自律神経の乱れ

二つ目のデメリットは『体が女性化する』という感覚がある点ですね。

ドライオナニーを続けると女性ホルモンが分泌されるという話もあります。

そのため、オナニーでドライオーガズムを楽しんでいると、日常生活でも前立腺や乳首が疼くようになってきます。特に乳首が敏感になるのが象徴的で、Tシャツに擦れるだけで腰がピクンと動いてしまうような感覚に襲われる事があります。

まるでノーブラの女子ようです。

もちろん前立腺も敏感になっているため、電車や車に座っていると振動で腹の奥がムズムズして気持ち良くなってしまう事もあります。

本当に女性ホルモンが分泌されているかどうかは分からないのですが、人によってはホルモンバランスが崩れた時のような症状が現れる事が確かにあるようです。

実際、私もあまりにハマりすぎた時、自律神経失調症のような症状になった事がありました。動悸や顔の火照りがあり、何もしていないのに何だか落ち着かない不安を感じるという嫌な症状でした。

こればかりは個人的な経験ですので誰にでも当てはまる事ではないかと思います。科学的な根拠もありません。ただ、ネットで情報を漁ると少なからず同様の経験をしている人が見つかりますので、まるきり嘘や迷信ではないだろうと推測しています。

もし体調が悪くなるような事がありましたら無理のないようにオナニーの回数を減らしましょう。

私は週一回くらいのペースに落としたらこれらの症状は消えました。

ドライオーガズムに挑戦してみませんか?

以上、ドライオーガズムを体験するための方法をご紹介しました。

最初にイケるようになるまでの難易度は少しだけ高いのですが、本当に今まで味わった事がないような快感を味わえますよ。

確実に前立腺を刺激したい場合は『アネロス』の利用がオススメです。

難しい事を考えず、肛門から挿入するだけで強制的に前立腺が刺激されますので素人でもやりやすいと思います。

そもそも肛門に異物を挿入する事に抵抗があるという方は会陰マッサージから始めてみましょう。

とにかく焦らずじっくりと取り組む事が大切です。

ドライオーガズムに達する前に射精でイッてしまう方も多いと思いますが、いずれは出来るようになると信じて前立腺オナニーを続けましょう。

ドライオーガズムは本当に存在しますし、正しい方法でやり続ければ必ず出来るようになりますよ。

以上、長文ありがとうございました。

-アダルト一般

Copyright© アダルトVR速報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.