アダルトVRに関するニュースやおすすめコンテンツをご紹介

アダルトVR速報

VR

マイクロソフトが新型HMDを発表!ポジションセンサー内臓で299ドル!

投稿日:10月 27, 2016 更新日:

microsoft_

エロVRに最適な製品かもしれない! 安いしWindows10がサポート!

マイクロソフトがWindows10の最新アップデート(Creator's Update)についてのプレスにて新型のHMDを発表しましたね。

HP・LENOVO・DELL・ASUS・ACERという名だたるメーカーとパートナーシップを結んで開発を行ったとの事。これ、つまり各メーカーもヘッドマウントディスプレイをバンドルしたりオプションで付けたりしてパソコンを売り出したりするのでしょうか?

恐ろしい。

また上手い具合にビジネスとかに絡めてくるのでしょう。資本の力で他メーカーのHMDが押しつぶされちゃいそうです。

まあ、これでVR業界が更に大きくなって我らが大好きなエロVRの勢いも加速する事間違いなしと考えて良いでしょう。

我々には朗報です!そして欲しいです!

 

MS新型HMDは『inside-out 6-degrees of freedom sensors』を搭載!・・・それ、なんの事?

inside-out インサイドアウトとは

調べてみたらなかなか凄い技術のようでした。

とくにこの『inside-out』という自分の位置の測定方式がびっくりです。

今代表的なHMDである『PSVR』や『Oculus Rift』や『HTC Vive』のトラッキング方式は『Outside-in』方式と言って、HMDの外部にカメラやレーザーや赤外線などの測定機器を置いて、その機器から自分のポジションを測定して捉えるという方式なんですね。

しかし、この『inside-out』はつまりHMD自体に自分の位置を測定出来るセンサーがついているというわけです。

つまり測定機器がいらなくなるわけで、HMDが立ち上がる環境さえあれば(小型PCなど)家でも外でも、どんな場所にいてもポジショントラッキングが必要なVRコンテンツを楽しめる事になるわけです。

カメラの前でしか遊べないPSVR、部屋の中で動き回る事なら出来るOculusとVive、 どこでも遊べるマイクロソフトの新型。

これ、かなり差がありますよね。どんな凄い技術を使って実現するのか気になるところです。

 

6-degrees of freedom sensors(DOF) 6ディグリーズオブフリーダムセンサーズとは

こちらは言わば動作の自由度を表しているようですね。

これも『6』degreesが最高、という事で後ろを向いたり身体を捻ったり歩き回ったり首を傾けたりしても全部その動きを捉える事が出来るという事のようですね。

これはOculus, Vive, PSVRなど他のHMDと同等という事でしょうね。

つまり、マイクロソフトの新デバイスは動作の自由度が他のデバイスと同じな上、カメラ等の外部計測器の有無による使用範囲の制約を受けないというわけです。

すごいですねー。

これだけの機能を持ったデバイスが300ドルとは恐れいりました。

 

気になる解像度はどうなる?

こちらはさすがにコスト的にOculusやViveの解像度には及ばないのではないかと思っています。

各種PCメーカーが参入している事を考えると、手に入りやすいミドルスペックくらいのPCでも動くような設計なのではないでしょうか。OculusやViveは高すぎますが300ドルならばマニアではないゲームをやらない一般層も興味を持つはずです。

スマホ型HMDを気に入って使っていた人達も飛びつきそうですよね。

かくゆうGearVR愛好家の私もすでに欲しいですから(笑

これは来ますよ、アダルトVRに大きなビックウェイブが。

なにせ、VRの映像を見るにはそもそもPCのスペックなんてそれほど必要無いんですよね。そこそこ動くPCでいいわけです。

そう考えると、どんな層よりもエロVRを求める紳士達こそが新型HMDのメインターゲットとなりますね!(怒られそう)

発売は来年ですのでドキドキしながら続報を待つとします! それでは!

 

 

 

エッチなVRに興味がある方はこちらもどうぞ。

日本人の無料サンプル動画でアダルトVRを始めよう!

-VR

Copyright© アダルトVR速報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.